たまえの読書感想文ブログ

悩んだ時には本を読む。あなたの人生を変える一冊がどこかにあるはず。たまえが読んで面白かった本をご紹介します!

コーヒーゼリーの時間

みなさんこんにちは!
自称ぶろがー、たまえです!

とうふめんたるず 豆腐メンタル 読書感想文 たまえ コーヒーゼリー  

たまえの読書感想文ブログへようこそ。

 

今回は、コーヒーゼリーにまつわる本をご紹介したいと思います。

 

友達のごまぞうくんが、冬でも食べれるお店を探し回るくらい、はまっているコーヒーゼリー。

たまえも何度か一緒に食べに行ったことがあるのですが、なんとも大人なデザートですよね。

 

そんなコーヒーゼリーにはまっている、ごまぞうくんが貸してくれた本。

 

コーヒーゼリーの時間

著者:木村衣有子

 

コーヒーゼリーのお店の本、とかじゃなくて「時間」と書いているところにコーヒーゼリーへの愛を感じます。

コーヒーゼリーを食べている時間を大切にしている事が、にじみ出ているタイトル。

 

本の構成はいたってシンプル。

 

  • ゼリー専門店のコーヒーゼリー

  ○   コーヒー店の、焙煎からはじまるゼリー

  • 喫茶店のコーヒーゼリー

     ○  洋菓子店のコーヒーゼリー

 

の4つのカテゴリーに分けて、多種多様なお店のコーヒーゼリーを写真付きで紹介。

 

個人的には、最初に出てくるの「ゼリーのイエ」(ゼリー専門店)のコーヒーゼリーが一番印象的だったかも。

 

福島県にあるこのお店。

今流行りのオシャレな容器に入っているゼリーではなくて、

おうちで出てきてもおかしくない、なんとも懐かしい菊型のゼリー

 

でも切って初めてわかる、コーヒーゼリーと白いムースのコントラストは、美味しそうというより、美しい。(あらやだ、何だかごまぞうくんに感化されている笑)

 

通信販売もあり、お取り寄せ出来るこのお店。

たまえは今年の夏にでも、このお店のゼリーを食べる会をするぞ。

(やっぱりごまぞうくんに感化されている笑)

 

著者の木村さんが、実際にお店に出向いて、お店の人と対話しながら作り上げたこの本は、作り手のこだわりもたくさん書かれています。

まるで小説の中でお菓子を表すときのような、木村さん独特の「コーヒーゼリーの表現」も混じり、なんとも不思議な雰囲気の本。

 

また、コーヒーゼリーの紹介の他にも、印象を左右する「コーヒーゼリーのための器」についても取り上げている。

その他にも、コーヒーゼリーにまつわるコラムや用語まで記載しており、なんとも盛りだくさんな一冊。

 

そもそもコーヒーの事をあまり知らなかったたまえにとっては、いい勉強にもなっちゃった。

(お恥ずかしながらネルドリップの意味を知ったのはこの本。)

 

本の中でもたくさん書かれていますが、コーヒーゼリーはどちらかというと、飛ぶように売れるわけではない、マイナーなデザート

カラフルでインスタ映えしそうなデザートに比べると、ちょっと地味な存在かもしれない。

 

でもそこには、根強いファンがいる。

だからこそ作り続けるお店があり、こだわり続けるお店がある。

そんなことも知れる一冊。

 

実は、コーヒーゼリーの事を書いている本って少なかったりします。

(コーヒーについての本はたくさんあるのに)

だからこそ、貴重な一冊でもあるこの本。

 

読んでいるうちに、あ、ここ食べに行ってみたい、となるかも!?

そんな人のために、お店の紹介のところに、ちゃあんとコーヒーゼリーが食べられる時期が書いてあります。お見事。

 

たまえ

 


【楽天】コーヒーゼリーの時間 [ 木村衣有子 ]

 


【Amazon】コーヒーゼリーの時間 [ 木村衣有子 ]

 

★とうふめんたるずLINEスタンプ!絶賛好評発売中!★

https://store.line.me/stickershop/author/663708/ja

 

★とうふめんたるずLINE絵文字も絶賛好評発売中!★

https://store.line.me/emojishop/author/774635/ja