たまえの読書感想文ブログ

悩んだ時には本を読む。あなたの人生を変える一冊がどこかにあるはず。たまえが読んで面白かった本をご紹介します!

ナミヤ雑貨店の奇蹟 -過去と未来が交差する物語-

みなさんこんにちは!

たまえの読書感想文ブログへようこそ。

 とうふめんたるず 豆腐メンタル 読書感想文 たまえ 小説 ナミヤ  

今回は、東野圭吾さんの作品史上、もっとも泣けると話題になった小説をご紹介。

 

2017年に、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんや、西田敏行さんなどの豪華キャストで映画化もされているので、ご存知の方も多いかも知れません!

(ちなみに、たまえは映画を見ておらず、この小説が初めてです。)

 

ナミヤ雑貨店の奇蹟

著者:東野圭吾(角川文庫)

 

非常に恥ずかしながら、東野圭吾さんの小説を読んだのはこれが初めて。

たまえのお母さんに小説を貸してもらったのがきっかけです。

 

毎日寝る前に読んでいたのですが、面白すぎて寝不足になる日々。笑

ラストスパートは読む手が止まらず、夜更かしする始末。笑

東野圭吾さん、おそるべし…!

 

映画化にあたり、めちゃくちゃ泣けると話題になっていたので、感動作と知りつつ読み始めたのですが、正直、最初はえっ?と思いました。

 

最初に出てくる3人組が、なにやら悪党っぽいのです。

この小説の舞台となる「ナミヤ雑貨店」には、悪事を働いて身を隠すための場所として出会います。

あれ?主演の山田くんは悪者だったの…?!

 

しかし、一通の手紙をきっかけに、物語は一気に進んでいきます。

そこに書かれていたのは、人生に関するお悩み。名前はペンネーム。

そして文面からすると、どうやら過去から来た手紙のよう…

 

雑貨店になぜ手紙がくるのか?

なぜ過去からの手紙が届くのか?

3人はその手紙を見て、どうするのか?

 

たまえは、話の中に伏線が張られていて、徐々にそれが回収されていく物語が大好きなのですが、この小説もそうなんじゃないかと、序盤でピンときました。

 

最後にどんでん返しが来るので、登場人物の名前や関係性、いつの時代の手紙なのか、を頭の片隅に置きながら読むことをオススメします!

(さらに、短いスパンで読むこともオススメします!)

 

面白いのは、過去から来た手紙を通じて、19世紀から20世紀までの日本を振り返れること。(小説はフィクションですが、時事はあらかた同じです)

20代以上のみなさんなら、自分の過去と合わせて振り返ることも出来るはず。

 

昔はケータイもネットワークもなかった時代。

今はそれが全てある、恵まれた時代。

 

でもそれぞれの手紙で共通しているのは、人や家族との関係に悩んでいるということ。

 

さらには3人にも悩みがあり、時代を超えてその悩みが交差します。

 

読んだあとは、周りにいる人や家族を大切にしたくなる感動作。

 

たまえ

 


【楽天】ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫) [ 東野圭吾 ]

【Amazon】ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

 

★とうふめんたるずLINEスタンプ!絶賛好評発売中!★

https://store.line.me/stickershop/author/663708/ja

 

★とうふめんたるずLINE絵文字も絶賛好評発売中!★

https://store.line.me/emojishop/author/774635/ja