たまえの読書感想文ブログ

悩んだ時には本を読む。あなたの人生を変える一冊がどこかにあるはず。たまえが読んで面白かった本をご紹介します!

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 -あえて新世界を読んでから、読んでみた- 

こんにちは!

たまえの読書感想文ブログへようこそ!

とうふめんたるず 豆腐メンタル たまえ 読書感想文ブログ ビジネス 

以前に、キングコング西野さんの「新世界」をご紹介しましたが、

前作の「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」も読みました!

(以下、「革命のファンファーレ」と記載します。)

 

普通は、旧作⇒新作の順で読む人が多いかと思いますが、

たまえは、たまたま「新世界」を先に手に取ってしまった(とにかく新世界を読みたかった)ので、あえて新作⇒旧作という読み方をしてみました。

 

この順番で読んだことによって得られた感想は、大きく分けて2つ。

 

1つ目は、「西野さんの考えには一貫性がある」ということ。

2つ目は、「章ごとのタイトルに、言いたいことがずばり書かれていて、良い」ということ。

 

1つ目については、簡単に言ってしまうと「新世界」に書いてあることと同じようなことが書かれています。

西野さんの作品は(たまたま)売れているのではなく、「売る」ために手が尽くされていること、「信用持ちがお金を作る時代」であること、など。

新世界を書く前から言い続けていた、という事を知り、さすがだなと思いました!

 

同じこと書かれているからいいや、ではなく、新世界ではあえて省かれていた、「えんとつ町のプペル」のために西野さんが何をしたか、が書かれているので読む価値ありです。

書いてあることにブレが無いので、新世界の復習のような感覚もあって読みやすかったです。

 

2つ目については、そのままなのですが、章ごとのタイトルが良いです。

しかも、書き方にも工夫あり。

インスタ映えを狙った配置(スクエアでとれる形)にしてあり、最後には名前を入れることで格言チックにもしている。

 

たまえが特に好きなタイトルはこちら。(※本から抜粋)

●他人と競った時点で負け。自分だけの競技を創れ。

●入り口でお金を取るな。マネタイズのタイミングを後ろにズラして、可能性を増やせ。

●ネタバレを恐れるな。人は「確認作業」でしか動かない。

●本を売りたければ、自分で1万冊買え。そこで必要なのは「財力」ではない。「努力」だ。

●信用時代の宣伝は、口コミが最強。口コミをデザインしろ。

●お客さんは、お金を持っていないわけではなく、お金を出す「キッカケ」がないだけだ。

●売れない作品は存在しない。キミの作品が売れないのは、キミが「売っていない」だけだ。

 

あげてみたら結構たくさんありました...。

正直、タイトルだけみても、ん?と思うものがあると思いますが、これ、ほとんど「えんとつ町のプペル」の売り方の話がもとで、本編を読めば、なるほどなと思います。

内容を知ってからタイトルをもう一度見ると、このタイトルの良さがさらにわかります。

 

西野さん、お見事です。

 

新世界を読んだ後で読んでも、十分面白い「革命のファンファーレ」。

ただ、たまえの正直なアドバイスとしては、よっぽど理由がない限りは、やはり「革命のファンファーレ」⇒「新世界」の順に読むことをオススメします(結局)!

 

たまえ

 


【楽天】革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [ 西野亮廣 ]


【Amazon】革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

★とうふめんたるずLINEスタンプ!絶賛好評発売中!★

https://store.line.me/stickershop/author/663708/ja

 

★とうふめんたるずLINE絵文字も絶賛好評発売中!★

https://store.line.me/emojishop/author/774635/ja